上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<コーヒー業界に殴りこみをかけようというわけではないのですが、ちょっとおもしろいので訳してみました。これを読んでもやっぱりコーヒーはやめられないかも・・・>


コーヒーのカフェインは、唾液の出を悪くするため、口の中を乾かしてしまう。そのため口臭の原因になる場合がある。

(唾液が足りなくて)口臭となるのには、いくつかの理由がある。まず、唾液は口の中のバクテリアを殺すのに役立っているからだ。また唾液は、歯を含め口の中に残った微量の食べ物を消化するのを助けているのだ。

実は、カフェインが原因して唾液がじゅうぶんでなくなると、口臭の原因となるバクテリアが暴走的に増殖するのである。さらに、歯に残った食べ物が消化されないばかりか、バクテリアがその残った食べ物を分解して、その過程で悪臭を放つ。

また、コーヒーは硫黄化合物を含んでいるため、それも残った食べ物同様バクテリアに分解され、悪臭の原因物質をつくる。

コーヒーが口臭の原因となりうる最後の理由は、その強い芳香にある。他の臭いと混ざることによって、臭いがさらに悪化するからだ。また、コーヒーに入っているミルクなども同様に問題の原因となる。

RELEASE SOURCE: "Why Does Coffee Cause Bad Breath?" - Life's Little Mysteries ⇒http://www.lifeslittlemysteries.com/2318-coffee-bad-breath-llmmp.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。