上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーロラが現れると音がすると言い伝えられてきた。もちろん、そういった話は単なる想像や幻想だとされてきた。

しかし、フィンランドの研究者がオーロラ観測地にマイクをセットし、過去12年間をかけて、オーロラが現れる一定時間にパチパチという音をとらえたのである。

フィンランド・アールト大学のUnto K. Laine氏は「これまで、北極光(北極近辺で見られるオーロラ)がたてる音は、人間が耳でとらえるには遠すぎると考えられてきました。しかし、わたしたちの研究によって、どうやら音の源は、オーロラをつくる太陽からやってくる高ネルギー粒子と同じものであるらしいことがわかってきました。また、それらの粒子が地上に近づくほど、音が発生するようです」と話す。

研究チームでは、3箇所にマイクを設置。いずれのマイクからもパチパチ音が短時間ながら録音された。続いて、録音された音を比較。その結果、地上から上空70mあたりが音源であることが明らかになった。

太陽面での大規模な爆発により放出された高エネルギー粒子が地球に到達した際に観測されるような地磁気擾乱を磁気嵐というが、その磁気嵐と同時に録音を行ったところ、音は嵐と同時に発生するのではなかった。その代わり、音がする際にオーロラが一定のパターンを示すことがわかったのである。

研究チームでは、パチパチ音と北極光との関連が科学的に証明されたわけではないとしているが、地磁気擾乱が激しい際に音が検出されていることがわかっている。

Laine氏は「パチパチ音はひじょうにソフトで、その音を聞き分けるには、かなり注意深くしなければならない」と話している。

オーロラの音がどのようにして発生しているのかなど詳細はなぞである。音は、遠くから聴こえる雑音のようなものからパチパチ音までバリエーションがある。そのため研究チームでは、オーロラの音の発生には、それぞれ異なるメカニズムがあるのではないかと推測している。

NEW RELEASE SOURCE: ”Mysterious Sounds Made by the Aurora Borealis” - Universe Today ⇒ http://www.universetoday.com/96193/mysterious-sounds-made-by-the-aurora-borealis/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。