上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国東部時間2月15日午後2:24(日本時間2月16日午前4時24分)に、地球近傍小惑星「2012 DA14」が、地球から約2万7700kmの距離にまで接近する。 その距離は、気象・通信衛星などが位置する静止軌道(地球から3万5800km)よりも内側だ。

NASAの地球近傍天体追跡局は、得られている観測結果をもとに、正確に小惑星の軌道を計算することができるのだが、その結果から、地球への衝突の危険はないことがすでにわかっている。

しかし、研究者にとっては、地球近傍天体を近距離から観測できる絶好の機会となる。過去にもっと小さな小惑星の接近はあったが、直径約45mというサイズの小惑星の接近は記録的だ。最接近時、地球と小惑星の距離は、地球・月間の約13分1、再接近時の小惑星の速度はとても速く、秒速7.8km。

地球に相当近くにまで接近する2012 DA14だが、その明るさは7.5等。最大級口径の可視光望遠鏡を使っても、明るい点にしか見えなし、肉眼で直接見ることはできない。しかし、小口径の望遠鏡や性能の良い双眼鏡なら簡単に見ることができる。最接近時に、観測にもっとも適しているのがインドネシアで、小惑星が(背景の星に対して)毎分1度の速度で移動するようすが見られそうだ。また、アジア、オーストラリア、東ヨーロッパも観測に適している。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。