上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長年、銀河の中心に潜む超巨大ブラックホールはその質量を、銀河の成長とともに、徐々に増やすと考えられてきた。しかし、最新の観測によって、まったく異なるブラックホールの振る舞いが明らかになった。
BLACKHOLE.jpg(クリックで拡大)

豪・メルボルンにあるスインバーン大学 宇宙物理・スーパーコンピューテイングセンター(略称:CAS)のAlister Graham教授は「ブラックホールは、私たちが思っていたより、相当早く成長しています」と話す。

銀河中のガスは、ブラックホールに落ち込むものと新しい星の形成材料となるものがあり、さながらガスの奪い合いが起きている。

過去10年以上に渡り支持されてきたモデルや理論では、銀河とブラックホールとでは、(その質量を効果的に維持するため)ガス量の比が割り当てられてきた。しかし、最新の研究は、その考え方に訂正を求める結果を示している。

Graham教授は「銀河の星の質量が10倍増えると、ブラックホールの質量が100倍に増える関係にあることがわかりました。これは、銀河とブラックホールとの互いの進化に関する私たちの理解に広範囲の影響を及ぼすものです」と話す。

また、研究によって、小さな銀河の中心や、天の川銀河のような銀河のディスクにある星団では、正反対のふるまいが発見されている。

これまでは、銀河の質量に対し、星団の質量は0.2パーセントであり、その数値は不変であると考えられてきた。が、スインバーン大学のNicholas Scott博士は「より小さな銀河に存在するコンパクトな星団では、星の比率が大きいのです。質量の小さな銀河に存在する星団には数百万もの星が存在しており、ブラックホールより優位を占めているのです」と話している。

また、同研究では、長年のなぞが解決したとしている。それは、なかなかその存在がとらえられていない中間質量ブラックホール(質量が恒星1個から数百万程度)の存在だ。最新の研究は、すでにブラックホールの存在が知られている多くの銀河中に、中間質量ブラックホールが潜んでいると予測している。

Scott博士は(中間質量ブラックホールについて)、「次世代大型望遠鏡で見えるほど、じゅうぶんな大きさであるかもしれません」と話し、また、それらのブラックホールが星や惑星に接近していれば、それらをあっさりと飲み込む勢いをまだ持っているはずだと話す。

Graham教授は「ブラックホールはコンパクトな天体であり、その重力からは逃れることはできないのです。おそらく、多くの太陽系のような惑星系も飲み込まれる運命にあったかもしれません。またそのようなやりとりは、銀河の中心核にある星団を巨大ブラックホールへと変化させる役割をある程度果たすことでしょう」と話している。

Image Credit: wikia.com

Journal reference: Astrophysical Journal.

NEWS RELEASE SOURCE: The Daily Galaxy via Swinburne University of Technology - "Black Holes of the Universe Growing Faster than Previously Thought " ⇒ http://www.dailygalaxy.com/my_weblog/2013/01/black-holes-of-the-universe-growing-faster-than-previously-thought.html 






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。