上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハッブル宇宙望遠鏡(HST)が、エリダヌス座の方向約3億2千万光年の距離に位置する銀河NGC 1132をとらえた。この銀河は、複数の銀河同士の合体の痕跡であり、宇宙における化石のような存在である可能性が指摘されている。というのも、NGC 1132は、巨大なダークマターのハロー※(※薄雲状の球形構造)中に存在しているのだ。そのダークマターの量は、通常数十から数百もの銀河のグループ中に見られるほどに相当する。
ngc1132.jpg


NGC1132は、巨大楕円銀河のカテゴリーに入る銀河で、周囲には複数の小さな銀河が存在している。宇宙の化石と思われるこの銀河グループの明確な起源はよくわかっていないのだが、巨大な銀河が、付近の銀河をまるで獲物をとらえるように次々と吸収していった結果と考えられている。ちなみに、わたしたちの天の川銀河の場合も、複数の小さな銀河を飲み込んで、その親銀河の星を引き継いでいる顕著な証拠がある。

また、可能性は低いのだが、NGC1132がひじょうにめずらしい天体であるとも考えられる。もともとある領域に、そこそこの大きさの銀河が複数が存在していたのだが、それらがなんらかの理由で圧縮されて1つになったという考え方である。

研究者は、ハッブル宇宙望遠鏡(HST)を使って、NGC1132と同様の銀河の周囲の環境を積極的に調べている。その特徴を分析して、その形成の歴史をさぐろうというのである。

このハッブル宇宙望遠鏡の画像には、巣に群がるハチさながらに、数千もの年老いた球状星団がNGC1132をとり取り囲んでいるようすがとらえられている。球状星団は、NGC1132によって食われ崩壊していった銀河の生き残りのようである。その詳しい研究から、銀河の合体の歴史が明らかになるかもしれない。

なお、楕円銀河は、なだらかで目立った特長がない。そこには、数億から数兆個の星が存在する。星がほぼ球状か、引き伸ばされたような形に広がり銀河を形作っている。また、銀河には、新たな星を作るための多量の冷たいガスはないため、全体に黄色っぽい色をしており、かなり年老いていることを示している。

NEWS RELEASE SOURCE: "The Daily Galaxy - Image of the Day: Colossal Cosmic 'Fossil' in a Dark Matter Halo"⇒ http://www.dailygalaxy.com/my_weblog/2013/01/image-of-the-day-colossal-cosmic-fossil-in-a-dark-matter-halo.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。