上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヨーロッパ南天文台(ESO)のVLT (Very Large Telescope)を使った観測によって、天の川銀河内に年齢が130億歳と、これまでに観測された星のなかではもっとも年老いていて、組成のほとんどが水素とヘリウムという、これまで存在不可能と思われてきた星が発見された。

eso1132a.jpg

発見されたのは、しし座の方向にあるSDSS J102915+172927と呼ばれる星で、これまでに観測された星の中では、ヘリウムより重い物質の量がもっとも少ない。星の質量は太陽より小さく、その年齢は130億歳以上と見られている。

仏・パリ天文台のElisabetta Caffau氏は「広く受け入れられている理論では、このように質量が小さく、金属のひじょうに少ない星は、存在できないと予測されています。なぜならば、星を生むガスやちりの雲が収縮・崩壊できないはずだからです。この発見はおどろきです。理論の予測を超えた、“禁断領域”に属する星といえます。星形成モデルの改定が必要なのかもしれません」と話している。

星形成理論によれば、質量が太陽の0.8倍からそれ以下の星は超新星爆発後につくられる。爆発によって恒星間に重元素が豊富となり、それが一定の密度に達すると、ちりやガスの雲の温度を下げる働きをする。すると、雲が崩壊して星が誕生するのである。重元素の存在がなければ、熱による圧力が強すぎ、ガスやちりの雲自身の重力も、崩壊を起こすには弱すぎるのである。また、ある理論では、炭素や酸素が温度を下げる主たる働きをするとされている。しかし、SDSS J102915+172927内の炭素は、じゅうぶんな働きをする量には達していない。

研究チームは、VLTに搭載されている2つの機器を使って星の特徴を調べた。その結果、金属の割合が、太陽の2万分の1以下であることもわかった。

同じく、仏・パリ天文台のPiercarlo Bonifacio氏は「わたしたちの最初の観測で、ヘリウムより重い物質はカルシウムしか検出できませんでしたので、他の重元素がないかどうかなど、詳細な追加観測が必要です」と話している。

宇宙論研究者は、もっとも軽い物質である水素とヘリウムはビッグバンの直後に、多少のリチウムとともにできたと考えている。それ以外の物質のほとんどは、もっとあとになって星の中でつくられる。超新星爆発は、星の中でつくられた物質を放出し、それにより恒星間空間に重元素が供給されるのである。新しい星は、その重元素の豊富なガスやちりの雲から形成されるため、年老いた星に比べて、より重元素の多い星となる。つまり、重元素の割合を調べれば、星の年齢がわかるのである。

ESOのLorenzo Monaco氏は「わたしたちが調べたこの星は、重元素が極めて少ないのです。つまり、とても原始的なのです。これまでに発見されたなかで、もっとも年老いた星かもしれません」と話している。

また、研究者を驚かせたのは、DSS J102915+172927に含まれるリチウムの少なさだ。ビッグバン直後に生まれたような年老いた星であれば、もっと金属が含まれているはずなのだ。DSS J102915+172927のリチウムは、ビッグバンでつくられた物質から予想される量の50分の1だった。
Bonifacio 氏は「これは、宇宙誕生直後につくられたリチウムが星の中で、どのようにして破壊されたのかはなぞです」と加えてコメントしている。

なお、研究チームではこの星が決して特別な存在ではないかもしれないと指摘している。Caffau氏は「わたしたちは、このほかにもいくつか、重元素の量がSDSS J102915+172927と同じくらいか、それ以下という星の候補を挙げていて、今後観測を行う予定です」と話している。

NEWS RELEASE SOURCE: "The Star That Should Not Exist" - ESO Science Release ⇒ http://www.eso.org/public/news/eso113
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。