上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4時間以下という短い周期で互いのまわりを回っている連星系(星どうしが互いのまわりを回っているペア)が発見された。これまで、このように接近した連星系は存在しないと考えられてきた。

連星系自体は、決してめずらしいものではない。事実、天の川銀河の星の半分は、われわれの太陽とは違って、連星系を成している。

そして、そのほとんどが互いに近い場所で形成され、そのまま互いのまわりを回っている。しかし、あまりに互いの距離が近すぎる場合には、すぐに単独の星へと合体して大きな星となる。これは過去30年間の観測によってわかっており、そのうち周期が5時間以下というものはこれまで見つかっていなかった。

イギリス赤外線望遠鏡 (UKIRT)の観測の眼が、赤色矮星の連星系に向けられた。赤色矮星とは、大きさが太陽の10分の1以下で、明るさは太陽の数千分の1しかない。

観測の結果について、研究チームのオランダ・ライデン天文台のBas Nefs氏は次のように語っている「驚いたことに、5時間以下の周期で回っている赤色矮星の連星系をいくつか発見したのです。これまでは、そのような連星系は存在しないと考えらえれてきました。つまり、至近距離にある連星系の形成と進化について、考えなおさなければならなくなったわけです」。

進化の過程で、星は縮んで小さくなる。ひじょうに接近した連星系が存在するということは、連星の軌道も進化とともに小さくならなくてはならないことを意味している。そうでなければ、星どうしは、進化の初期の過程で合体してしまう。しかし、どうやって、そのように軌道が小さくなるのかは、まったくわかっていない。

赤色矮星の連星系は、これまで考えられていたよりも、はるかに激しく活動的なのかもかもしれない。

なお、恒星風(恒星表面から吹き出すガスの流れ)によって、特別な活動が起き磁力線がねじられ変形し、2つの星が互いに接近する軌道に落ちていくことはありうる。強力な磁場活動によって、星の自転が遅くなり、2つの星が互いにゆっくりと接近するのである。

英・ハートフォードシャー大学の David Pinfield氏は「2つの星の活動性と強力な磁場は、天の川銀河内の赤色矮星を取り巻く環境について、奥深いことを示唆しているのです」と話している。

NEWS RELEASE SOURCE: "UKIRT discovers 'impossible' binary stars" - Royal Astronomical Society ⇒ http://www.ras.org.uk/news-and-press/219-news-2012/2143-ukirt-discovers-impossible-binary-stars
スポンサーサイト
宇宙から帰ってきた宇宙飛行士が口をそろえて語るのは、ひじょうに独特のにおいについてである。

もちろん、宇宙服を装着して船外活動を行っている際には、においを嗅ぐことことはできない、ただプラスチックのような宇宙服のにおいがするだけである。

しかし、ひとたび国際宇宙ステーションにもどり、ヘルメットをとると、強いはっきりとしたにおいを嗅ぐことになる。においは、宇宙服やヘルメットや手袋、その他の装備などにもしみついているのだ。

ほぼ真空状態の宇宙から逃げ出せるところを見ると、おそらくは、酸素原子かもしれない。そのにおいは、焼け焦げたステーキのような酸性の香りであり、また熱い金属のような香りでもあり、溶接煙のような香りでもあるという。

NASAの化学者Steven Pearce氏は、宇宙飛行士の訓練のために宇宙のにおいを再現している。彼によれば、金属性の香りは、イオン(荷電粒子)の高エネルギー振動によるものかもしれないらしい。

また、NASAの宇宙飛行士Kevin Ford氏は「あれは、今までに嗅いだことのないにおいです。忘れることはないでしょう」と話す。

宇宙飛行士は必ずしもそのにおいを嫌っているわけでもない。2003年のミッションで宇宙に飛び立ったDon Pettit氏は自身のブログで 「あのにおいを表現するのは難しい。一番適当なたとえとして思いつくのは、金属性であること。ただし、甘い金属のような感じだ。あの香りは、大学時代の夏を思い起こさせる。重機の修理で何時間も溶接作業をしたときのことだ。あのときのことを考えると、溶接煙の甘い香りを思い出す。それが宇宙のにおいだ」と書いている。

RELEASE SOURCE: "What Does Space Smell Like?" - Life's Little Mysteries ⇒http://www.lifeslittlemysteries.com/2696-space-smell.html
<コーヒー業界に殴りこみをかけようというわけではないのですが、ちょっとおもしろいので訳してみました。これを読んでもやっぱりコーヒーはやめられないかも・・・>


コーヒーのカフェインは、唾液の出を悪くするため、口の中を乾かしてしまう。そのため口臭の原因になる場合がある。

(唾液が足りなくて)口臭となるのには、いくつかの理由がある。まず、唾液は口の中のバクテリアを殺すのに役立っているからだ。また唾液は、歯を含め口の中に残った微量の食べ物を消化するのを助けているのだ。

実は、カフェインが原因して唾液がじゅうぶんでなくなると、口臭の原因となるバクテリアが暴走的に増殖するのである。さらに、歯に残った食べ物が消化されないばかりか、バクテリアがその残った食べ物を分解して、その過程で悪臭を放つ。

また、コーヒーは硫黄化合物を含んでいるため、それも残った食べ物同様バクテリアに分解され、悪臭の原因物質をつくる。

コーヒーが口臭の原因となりうる最後の理由は、その強い芳香にある。他の臭いと混ざることによって、臭いがさらに悪化するからだ。また、コーヒーに入っているミルクなども同様に問題の原因となる。

RELEASE SOURCE: "Why Does Coffee Cause Bad Breath?" - Life's Little Mysteries ⇒http://www.lifeslittlemysteries.com/2318-coffee-bad-breath-llmmp.html
宇宙論研究者たちは、ビッグバン以前に起きたプロセスについて、真剣に考え始めている。カナダ・ダルハウジー大学のAlan Coley氏と英・ロンドンのクイーン・メアリー大学のBernard Carr氏は、ビッグバン以前のビッグクランチ中に原始的なブラックホールが形成されたという理論をたてた。ビッグクランチとは、宇宙が自身の重力によって収縮し、すべての物質と時空がつぶれて、無次元の特異点に収束することをいう。

注目すべきは、両氏が、この宇宙がなんども一点に凝縮しては、また膨らむことを繰り返しており、ビッグバンが単独の現象ではないという理論を支持している点だ。

彼らによると、ある種の環境が整うと、10万tから太陽程度の質量を持つブラックホールはクランチが起きても、切り離された存在として存続し続けられるいう。ちなみに、ブラックホールはその質量によって分類されており、太陽の数十倍程度の質量を上限とする「低質量ブラックホール」と、太陽の数百万~数百億倍の質量を持つ「大質量ブラックホール」、そして両者の中間の質量を持つ「中間質量ブラックホール」が知られている。

両氏の理論は、地球を含めこの宇宙全体で正体不明のガンマ線バーストが発生していることに基づいており、ガンマ線バーストは、原始ブラックホールがエネルギーを使い果たし、崩壊した結果起きているのだという。小さなブラックホールは短時間に蒸発する運命にあり、最後にはガンマ線を伴う激しい爆発を起こして消えてしまう。宇宙論研究者の中には、私たちが現在観測しているガンマ線バーストをこれで説明できるかもしれないと考えるものもいる。ガンマ線バーストとは、数十秒程度の短い時間、ガンマ線(数百キロ電子ボルトの電磁波)が宇宙から降り注いでくる宇宙最大の爆発現象である。

話しを原始ブラックホールの生成に戻そう。一般に研究者の間では、原始ブラックホールとは、いわゆる普通の(大質量の恒星が超新星爆発したのち、自己重力によって極限まで収縮することによってできる)ブラックホールとは異なると考えられており、ビッグバン直後の最初の瞬間に形成されたと考えられている。原始ブラックホールは、普通のブラックホールより小さく、ビッグバンのエネルギーで形成され、宇宙が膨らむにつれてあちこちに広く散らばったという。

しかし、Coley氏とCarr氏の理論では、ビッグクランチがおきてこの宇宙が崩壊した際にいくつかのブラックホールがつくられたの可能性があるというのだ。そして、ブラックホールはすべてを包含する特異点からのがれた。そして、ビッグバン後は、新たにつくられた他のブラックホールと同化してしまったらしい。

ただし、この考え方には彼らも認める問題点がある。ビッグバン以前に存在していたブラックホールとそれ以降に形成された原始ブラックホールとの違いを指摘できないのである。

また、彼らの理論は宇宙論研究者に大きな問題を投げかける。もし、宇宙が縮み、再び膨れ上がるなら、そしてそれが繰り返されるのなら、それが永遠に続くのか。それとも、わたしたちが見ている宇宙というものがとても限られたもので、ほんの一部しか見ていなかったとしたら、、、。これまでの多くの理論や説明が単なる推測以外の何ものでもないものとなってしまうのだ。

NEWS RELEASE SOURCE: "Some Black Holes Existed Prior to the Big Bang" (Today's Most Popular) - THE DAILY GALAXY ⇒ http://www.dailygalaxy.com/my_weblog/2012/07/some-black-holes-existed-prior-to-the-big-bang-were-assimilated-into-newly-formed-universe-todays-mo.html
NASAの土星探査機カッシーニが、土星の衛星タイタンの南極上空で渦巻くガスをとらえた。これは、南極の季節が冬に向かっているためとみられている。

カッシーニがタイタンの南極にとらえたものは、オープンセル型の対流と考えられている。オープンセル型では、空気が細胞(セル)状に配列した下降運動している中央部分に沈みこみ、セルの端に雲が形成される。

たとえば、味噌汁をお椀に入れたときに、味噌が蜂の巣状に浮き沈みしているのが“対流”で、その際できる「蜂の巣」のような構造を“対流セル”と呼ぶ。対流運動は規則正しく上昇運動と下降運動が細胞(セル)状に配列し、安定度の違いによってオープンセル型かクローズドセル型が現れる。

地球上でも気象衛星などで雲を上から見ると、まるで蜂の巣のように、対流の周りを囲むような雲ができるのが見られる。

ただし、カッシーニがとらえた画像では、下の層のようす見ることはできないため、渦の詳しいメカニズムなどはわかっていない。

カッシーニ画像チームのリーダーCarolyn Porco氏は「大きな渦巻きは、南極にはっきり見えていていて、固体である月の自転より4倍速い速度で回っています。南極領域が最終的には秋から冬へと変化する先触れかもしれませんが、それを知るには待つしかありません」と話している。

<渦の画像は、以下のリンク先で公開されています>

NEWS RELEASE SOURCE: ”Strange Vortex Discovered on Saturn Moon Titan” - Space.com ⇒ http://www.space.com/16526-saturn-moon-titan-polar-vortex.html
オーロラが現れると音がすると言い伝えられてきた。もちろん、そういった話は単なる想像や幻想だとされてきた。

しかし、フィンランドの研究者がオーロラ観測地にマイクをセットし、過去12年間をかけて、オーロラが現れる一定時間にパチパチという音をとらえたのである。

フィンランド・アールト大学のUnto K. Laine氏は「これまで、北極光(北極近辺で見られるオーロラ)がたてる音は、人間が耳でとらえるには遠すぎると考えられてきました。しかし、わたしたちの研究によって、どうやら音の源は、オーロラをつくる太陽からやってくる高ネルギー粒子と同じものであるらしいことがわかってきました。また、それらの粒子が地上に近づくほど、音が発生するようです」と話す。

研究チームでは、3箇所にマイクを設置。いずれのマイクからもパチパチ音が短時間ながら録音された。続いて、録音された音を比較。その結果、地上から上空70mあたりが音源であることが明らかになった。

太陽面での大規模な爆発により放出された高エネルギー粒子が地球に到達した際に観測されるような地磁気擾乱を磁気嵐というが、その磁気嵐と同時に録音を行ったところ、音は嵐と同時に発生するのではなかった。その代わり、音がする際にオーロラが一定のパターンを示すことがわかったのである。

研究チームでは、パチパチ音と北極光との関連が科学的に証明されたわけではないとしているが、地磁気擾乱が激しい際に音が検出されていることがわかっている。

Laine氏は「パチパチ音はひじょうにソフトで、その音を聞き分けるには、かなり注意深くしなければならない」と話している。

オーロラの音がどのようにして発生しているのかなど詳細はなぞである。音は、遠くから聴こえる雑音のようなものからパチパチ音までバリエーションがある。そのため研究チームでは、オーロラの音の発生には、それぞれ異なるメカニズムがあるのではないかと推測している。

NEW RELEASE SOURCE: ”Mysterious Sounds Made by the Aurora Borealis” - Universe Today ⇒ http://www.universetoday.com/96193/mysterious-sounds-made-by-the-aurora-borealis/

国際的な研究チームが、Abell 222 と Abell 223という2つの銀河団をつなぐダークマターの構造を発見した。これにより、これまで理論上だったものが、観測的な事実として裏付けられることとなった。

発見された構造は、(銀河の集まりである)巨大な銀河団と銀河団とをつなぐ役割を果たしていると考えられているが、まったく光を放射しないため、検出がひじょうに困難である。ダークマターはもちろん目で見ることはできない、しかし、そこに働く重力をもとに検知することができる。研究チームは、周囲の星からの光が重力によってゆがめられる効果を観測し、ダークマターの構造を発見したのである。

アインシュタインの一般相対性理論によれば、質量の大きな天体によって、周囲の時空が大きくゆがめられる。そのため、光を含めその空間を通過するもののすべての通路がゆがめられることになるのである。つまり、地球から見て、たとえば銀河団など質量の大きな天体がある場合、その背景にある銀河などの光がその近くを通ると、銀河の姿が歪んでみえたりするのだ。

研究チームでは、銀河団周囲の背景にある4万個以上もの銀河からの光を統計的に分析、その結果目に見えない質量が2つ銀河団の間に存在し、時空がゆがめられていることを明らかにしたのである。分析に利用されたのは、すばる望遠鏡が2001年に観測して得た銀河のデータである。

独・ミュンヘン大学天文台の Jörg Dietrich氏は「重力レンズ効果によって、はっきりと銀河団をつなぐダークマター構造が検出されたのはこれが初めてのことです。人々が不可能だと思っていたことが決定的な現実となったのです」と話している。(参照:IPMU 「重力レンズ効果の模式図」 )


NEWS RELEASE SOURCE: ”Giant Dark Matter Bridge Between Galaxy Clusters Discovered” - Space.com ⇒ http://www.space.com/16412-dark-matter-filament-galaxy-clusters.html

巨大な黒点群である、太陽面にある領域AR1515は数日間、巨大な爆発を起こすのではないかと見られていたが、7日8時(世界時6日23時)ついにそのときがきた。黒点を天蓋のように覆う磁場が爆発、X1.1クラスの大規模フレア(フレア強度は10倍ごと低い順にA, B, C, M, X)が起きて、NASAの太陽観測衛星SDOによって、極紫外線も記録された。

短い時間の増光だったが、国立天文台野辺山太陽電波観測所の野辺山電波ヘリオグラフが、フレアの様子を捉えている(画像はこちら ⇒ 宇宙天気ニュース http://bit.ly/NerOe0

また、爆発によって、コロナ質量放出(CME)も発生した。CMEとは、ばく大な量のガスが宇宙空間に放出される現象だ。NASAの太陽観測衛星SOHOがとらえた画像には、南西に向かって、白いガスが噴出しているようすがとらえられた。ただし、かなり横方向のため地球への影響はないと予測されたものの、7月9日から10日にかけて到達する可能性があると見られている。

そのほかSOHOの画像には、フレアによって加速された陽子の影響を受けて、画像に端に細かい斑点が現れた。このように、陽子が太陽磁場によって地球の方向へ向かい、地球のまわりを回っている人工衛星に影響を及ぼす。すると、画像に雪のような点が現れたたり、その他のシステムに一時的な異常をきたすのである。

NEWS RELEASE SOURCE: "The Sun Blasts Out an X1-Class Solar Flare" - Universe Today  ⇒ http://bit.ly/PqvCeh, 宇宙天気ニュース ⇒ http://bit.ly/NerOe
ジュネーブ郊外に建設された欧州原子核研究機構(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)による衝突実験で、「ヒッグス粒子」と見られる粒子が観測されたことは、過日大々的に報道された。

神の粒子と呼ばれる「ヒッグス粒子」と見られる粒子の発見は、ダークマターを含めた、宇宙のなぞ解明という新時代へ扉を開くこととなりそうだ。今回の発見によって、相当重量のあるものが打ち上げられるようにとなったり、将来は光速旅行が可能となるかもしれないのだと、今回の発表に対する科学者の歓迎ぶりは相当なものだ。

長年その存在が推測されてきたが検出が困難だったヒッグス粒子は、なぜ物質に質量があるのかを説明するための手立てとなると考えられてきた。しかし、CERNの科学者Albert de Roeck 氏は、電気の発見になぞらえて、将来どんなことに利用されるかなど、人類には想像つかないと話す。


またde Roeck氏は「ビッグバンから最初の数百万分の1秒のころ、この世界がどのようなものであったのかを説明できるかもしれないという点で、ヒッグス粒子は重要なのです。どんなことに利用できるかなど、現時点でのわたしの想像があまりにとぼしすぎて答えられません」 とAFPに話したという。

一方、物理学者のRay Volkas 氏は、「ほとんどの人間が、いわゆる物理学の標準モデル、つまり、宇宙においてどのようにして物質が互いにむすびついているのかを説明する理論ににあてはめるよりも、もっとなにか別の事象を証明することにヒッグスボソンが役立つことを期待しているのです。たとえば、まったく新しい物理、つまりそれはダークマターと関連のある物理かもしれません、ダークマターはこの宇宙のほとんどを構成する目に見えない未だ仮想の物質です。たとえば、ヒッグス粒子は、原子を構成したり、ダークマターをも構成する橋のような役割をしているかもしれないのです」と話した。

さらにDe Roeck氏は「普通の原子だけでなく、この宇宙における、すべての物質を理解するというのは、たいへんな示唆に富んでいます」と話す。

なお、LHCは、今年12月から2年間の稼動停止に入る。そして、その後の火力量は、現在の2倍にあたる14兆電子ボルトとなる予定だ。 LHCがより性能を増す2015年には、より豊富なデータが得られ、標準モデルに対する決定的な答えが得られるはずである。また、新たな粒子の研究への大きなステップとなる。



NEWS RELEASE SOURCE: "Higgs Boson Will Unlock Great Mysteries of the Universe" - Era of New Physics Looming (Weekend Feature) - from The Daily Galaxy via 2012 AFP ⇒ http://bit.ly/PvQbHu

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。